資料の表示

次へ 前へ 一覧に戻る : 詳細検索

[M] 研究者の立場からオープンアクセスをどう捉えるか オンラインリソース

(出版日: 2010-09-13)

コレクション: NIMS成果物
形態: オンラインリソース オンラインリソース
言語: 日本語
ページ数と大きさ:
件名:
分類:
識別子:
全文ファイル
アブストラクト:

学術誌の電子ジャーナル化と検索サービスの機能向上が急速に進行している現在、論文を専門家以外からも発見され易くさせるための戦略としてオープンアクセス化が有効となってきている。また、関連資料を著者が保有する権利の範囲内で公開するセルフアーカイビングも、査読付き論文へのアクセスを誘導する効果がある。筆者の経験した2つの例を紹介する。