資料の表示

次へ 前へ 一覧に戻る : 詳細検索

[M] 定番プレゼンソフトを越えて: 聴衆に配慮したスライドをLaTeXとスクリプト言語で作成した例の報告 オンラインリソース

(出版日: 2009-12-31)

コレクション: NIMS成果物
形態: オンラインリソース オンラインリソース
言語: 日本語
ページ数と大きさ:
件名:
分類:
識別子:
全文ファイル
アブストラクト:

多くの人々は、事前に発表内容全体を見据えてコアとなるメッセージを特定すること無しにスライド作成に着手してしまうので、結局本番の発表で聴衆の注目を集め損ねてしまう。この過ちを犯さない様にするために、筆者は``Rule of Three''をスライド全体に適用することを心がけている。コアとなる3つのメッセージとそれに関連する語句をスライド全体に散りばめるために、LaTeX とスクリプト言語を使って自動化する環境を整えた。聴衆に配慮する姿勢を身につけるためのこの取り組みに際して、日本の伝統文化の継承にみられる「型」の考え方を意識した。
(本論文は、The Asian Journal of TeX 誌 3 [2] pp. 117--126, 2009 に掲載された英語論文の著者訳である。)