資料の表示

次へ 前へ 一覧に戻る : 詳細検索

[M] セルフアーカイビング事例から読み解く研究情報環境が備えるべき機能 オンラインリソース

(出版日: 2009-09-07)

コレクション: NIMS成果物
形態: オンラインリソース オンラインリソース
言語: 日本語
ページ数と大きさ:
件名:
分類:
識別子:
全文ファイル
アブストラクト:

2009年7月22日、講演者が公開していたYouTube動画に押し寄せた1000以上のアクセスのうち、数\%が関係書類を求める行動に出た。このトラフィックを発生せしめたのは、日頃のセルフアーカイビング活動であり、それを支えたのは講演者が約8年前から築いてきた情報環境(電子化実験ノートや、ホームページと同期する電子化研究業績リスト)である。この中から、リポジトリに採用を望む機能を提案する。