資料の表示

次へ 前へ 一覧に戻る : 詳細検索

[M] ファイバフューズの伝搬モードと自己ポンプ効果 オンラインリソース

(出版日: 2014-01-20)

コレクション: NIMS成果物
形態: オンラインリソース オンラインリソース
言語: 不明
ページ数と大きさ:
件名:
分類:
識別子:
全文ファイル
アブストラクト:

伝搬光のエネルギーを消費しながらコア部分の溶融点が移動するファイバフューズと呼ばれる現象について最近明らかになってきたことを解説する。通信用単一モード光ファイバにおける伝搬モードは、閉じ込められたプラズマの大きさによって3種類に分類でき、それぞれ異なる振る舞いをする。損傷空孔列の間隔の位置依存性を調べることで、プラズマのエネルギー状態履歴を追跡することができ、一度放射した光が再吸収される自己ポンプ効果が現れることが明かになった。