資料の表示

次へ 前へ 一覧に戻る : 詳細検索

[M] 光がモノを壊す時代 −光ファイバ内バブル生成と光ヒューズの話− オンラインリソース

コレクション: NIMS成果物
形態: オンラインリソース オンラインリソース
言語: 日本語
ページ数と大きさ:
件名:
分類:
識別子:
全文ファイル
アブストラクト:

21世紀に入ってレーザー光源の高出力化(〜kW)が進んでいます。光導波路と組み合わせた新しいアプリケーションが続々と出現する一方で、高強度光を安全に取り扱う技術が求められています。数Wの連続光によって光ファイバ(シリカガラス製)が連鎖的にメルトダウンしてしまう現象(ファイバフューズ)とその基礎研究(バブル生成のからくり)を紹介した後、過剰光入力に反応して自律的に回線を切断する素子である光ヒューズを、低軟化点ガラスを使って実現した話をします。