資料の表示

次へ 前へ 一覧に戻る : 詳細検索

[M] 研究者の立場からオープンアクセスをどう捉えるか オンラインリソース

(出版日: 2010-07-21)

コレクション: NIMS成果物
形態: オンラインリソース オンラインリソース
言語: 日本語
ページ数と大きさ:
件名:
分類:
識別子:
全文ファイル
アブストラクト:

論文をできるだけ多くの人に読んでもらいたい。2000年代半ばに出版した講演者の2種類の論文(片方だけがオープンアクセス)が広く認知されるに至るまでの経緯を紹介し、研究者がオープンアクセス出版を選択する基準を考える。その鍵は、「届けたい読者層からの発見され易さをどう確保するか」であり、講演者の場合セルフアーカイビングの併用がその目的達成を支援した。